風俗嬢とラブラブ体験

まさかっていう気持ちが強い

あの日は「まさか」という気持ちの方が強かったかもしれません。風俗でそんな気持ちになることはめったにないんです。だから自分でもかなり驚いているんですけど、さすがに驚くというか、普通に考えたらまさか知り合いが目の前に風俗嬢としてやってくるだなんて思いもしないじゃないですか。ホームページを見た時にもその知り合いの事なんて全然思いもしませんでした。普通に可愛いなって思って指名しただけなんですけど、その彼女が実は後輩だったんです。彼女が目の前に表られた時、本当に驚きましたし、初めは「風俗を利用しているのがバレる」みたいに思ってしまったんです。まだ彼女が風俗嬢だとは思っていませんからね(苦笑)でも次第に事態を飲み込めてきて、彼女が自分が指名した風俗嬢なんだってことに気付いたんです。それで彼女との楽しみましたけど、言い知れぬ緊張感のおかげで、いろんなことを楽しめたんじゃないかなって思っていますが、とにかく楽しかったです。

自分の信念はそんなに…

信念はありますけど、でも風俗の場合頑固に楽しむんじゃなくて、柔軟に楽しむくらいが丁度良いんじゃないかなって思いますけどね。結局の所、自分の信念を優先するとしても、じゃあその他にどうするのかって話も出てくるじゃないですか。それは勿体ないんですよね。だって自分の好みの風俗嬢やジャンル以外は切り捨てちゃうってことじゃないですか。これだけたくさん風俗を楽しんできて思ったのは、自分の好みではないとしても、まだ楽しんだことがないジャンルは一度くらいは試しておくおべきだなと。実際に試してみないと分からないことや気付けないことは相当多いのかなって思うようになりましたからね。だから風俗を楽しむのであれば、自分で言うのもなんですけど、好奇心を持って楽しむべきなのかなって。そのくらいの方が、結局の所自分でも思ったような時間を過ごすことが出来ると思うんです。だからこそ、風俗を楽しむのであれば好奇心を持って楽しむべきかなって。