風俗嬢とラブラブ体験

いつも同じ子でもいいんです

気付くと風俗ではいつも同じ子を指名しています。Eちゃんというちょっと華奢な雰囲気でも、微乳って訳ではない風俗嬢。体もそうなんですけど、存在感そのものがツボ何ですよね。性格は合うかどうかは分からないんです。だって相手が合わせてくれているかもしれないじゃないですか(笑)でも、合わせてくれていえるとはいえ、こちらからすればやっぱり満足感は高いですしね。それもあって毎回彼女のことを指名するようにしているんです。たまには違う子っていう気持ちもなくはないですけど、ただ風俗では新鮮さはもちろんですけど、それだけじゃなくて他にもいろんな気持ちがあるじゃないですか。それこそ自分なりにいろんな理想を持っていると思うんですけど、何度も指名して気心が知れてきた彼女と、あまり気を使わずに接しつつ、気持ち良くなれる。ある意味でこれこそが理想の風俗そのものなんじゃないかなって思うこともあるので彼女には感謝しかありませんね。

指名は義務じゃないからこそ

風俗での指名は決して義務ではないんですよね。指名しないといけないのか…みたいな雰囲気に支配されてしまったり、風俗店のフロントと話しているとしきりと指名を薦めてこられるケースもあるので、指名しなければダメなのかなと錯覚してしまう人が多いのも分からない話ではないんですけど、実際には決してそんなことはないんです。むしろ指名しなくともフリーでも十分に楽しめるものなんですよね。確かにフリーだとどうしても指名料がない分、自分自身側にも「指名していないしな」みたいな気持ちになってしまうというか、負い目のように感じてしまうこともあるんですけど、そもそも指名は義務ではないんです。自分の好きなように楽しむ。そのスタンスでも十分なんですよね。だから別に指名しないのであればそれで十分ですし、負い目を感じる必要性もないんですよね。そういったことを考えた時、風俗って自分なりに自分の好きなように楽しめるものなんですしね。