風俗嬢とラブラブ体験

自分だってベストを尽くします

女の子だけに任せるのではなく、自分もベストを尽くす。それこそが風俗の楽しみ方だと思うんですよね。だから風俗ではまずコンディションを整えてから遊ぶようにしています。前日のオナ禁は当たり前ですけど、精神的なものも左右されると思うので、仕事に追われている時や忙しい時は控えるようにしています。そんな中途半端な精神状態で風俗嬢と向き合っても、仕事のことを忘れられなかったら勿体ないじゃないですか。風俗嬢と向き合うからには、100%風俗嬢のことだけを考えられる状態にしておきたいんですよね。こうしていろいろな条件が揃ったら自分なりにがっつりと楽しむ。それが自分の風俗の楽しみ方です。つまりはそれだけ真剣なんですよ。お金だって払っているんです。そのお金を無駄にしないためには、自分なりに真剣に挑むことがとっても重要なことなんじゃないかなって思うんですよね。中途半端な気持ちで後悔することほど勿体ない事はありませんし。

力まない。これはいろいろと大切

力むと良い結果が出ないのはスポーツの世界だけではありません。風俗の世界でも同じことが言えるんじゃないかなって思うんですよね。それは本当に需要なことだと思うんですよ。風俗でも力んじゃうと、結局女の子相手に空回りしたり、自分が思い描いていた理想と微妙に離れるので、それでどうしてもイライラしてしまったり。それだけ期待しているからこそなのかもしれないんですけど、力まなければ素直に楽しめるケースも多いんですよね。特に風俗が貴重であればあるほど、力んでしまう人の気持ちも分からないものではないんですけど、力んだところで結局はマイナスにしかならないんじゃないかなとも思うんですよね。なぜなら、力まない方がそれなりに結果になるので、自分も風俗を楽しむ時にはリラックスするよう心掛けています。その方が確実に楽しめると思うんですけど、美人風俗嬢を前にすると興奮して、力んでしまうという気持ちも分からないものではないんですが(笑)